不動産物件の購入でのデメリット

不動産物件をマイホームの取得として購入する場合も、投資として購入する場合もデメリットは共通しています。
最初に大きな金額で購入をしなければならないので、頭金や住宅ローンの借り入れで頭を悩まさなければならないとうことがあります。
即金で購入できる人はあまりいないからです。
そしてその後も維持管理などでお金がかかり、手間もかかります。
売買をする場合も時間がかかり、手数料も多くなります。
超低金利の今の時代では、手数料分の負担は大きくなります。
売るにも買うにもかかります。
運用益が投資金額の割に少なくなることが多いということもありますし、長期間管理が必要なので、その管理費もかかります。
そして自由に住まいを変えることができないというデメリットも大きくなります。
とくに自由が好きな人には、一ヶ所に縛られるということはストレスにもなります。
満足感や安定を選ぶか、自由度や投資効率を選ぶかなどの色々な条件を考えて購入する必要があります。